在宅ワークで考えられるメリット

在宅ワークを活用することで想定されるメリットを労働者や会社など
目線を変えて考えていきたいと思います。

【時間を有効活用できる】
働く側のメリットとしてこれが一番大きいのではないでしょうか。
通勤時間がなくなるだけで人によって2時間や3時間、時間が生まれる場合もあるでしょう。この時間を副業や資格勉強に変えることで収入を上げることもできるかもしれません。
休息にあてる、家事にあてる、家族との時間にあてるなど、今まで移動時間に使っていた時間を何かに使えるだけで大きなメリットと言えるでしょう。

【女性社会進出における在宅ワークの重要性】
近年日本でも育児をしながら働く女性が増え、女性の社会進出が顕著に見受けられます。
ただ女性が働きに出ることで、保育園が不足している問題や急な欠勤や時短勤務でうまく会社が回らないなどデメリットも考えられます。
ただその多くは女性が家庭でも仕事ができるような環境作りで大きく改善に向かう内容が多いでしょう。臨機応変に様々な場所で仕事をできるようになれば、時間に制限されることなく仕事を進めることができ、働く女性にとっても仕事と家庭のバランスを取りやすくなります。

【不要なストレスの軽減】
働くうえでつきものになってくる人間関係のトラブル。仕事内容に満足しているにも関わらず、この問題で仕事を辞めざるを得ない状況になってしまうこともあります。
人間関係、満員電車での通勤ストレスなど仕事をする上で不要なストレスを、在宅ワークでは取り除くことができます。自分のリラックスできる仕事環境作りに努めることで、仕事のパフォーマンスが上がります。

【会社にとってのメリット】
ここまで働く人にとってのメリットについてお話してきましたが、会社にとってもメリットがあります。もし在宅ワークで仕事の全てを賄えるようであれば事務所は不要になります。また社員の交通費も支払う必要がなくなるので、今までかかっていた固定費を大幅に削減することができます。
会社にとっても、社員が働きやすさを感じてくれていることは退職者を減らすことに繋がります。また今問題になっている感染症蔓延においても、在宅ワークでの運営ができていれば、感染者を出すリスクを減らすことができ、また休業によるダメージを受けることはないでしょう。

【人口集中を避ける】
在宅ワークがもし主流な働き方になれば、都市部の人口集中を避けることができます。
好きな場所で仕事をできるようになれば、好きな場所に住むことができます。人々の生活様式をも変えていくでしょう。駅から近い、都心から近いという理由で物件が高騰することも無くなっていくのではないでしょうか。

【働き方を自由にすることで自由な生き方を】
在宅ワークによって、働く場所が自由になるだけで人々の生活により自由が生まれます。働く場所に縛られないことで、住む場所、仕事内容、働き方に様々な選択肢が広がることでしょう。